老犬がチュールしか食べない…その理由4つと具体的な対処法

 

最近うちのこ、チュールしか食べなくて…理由も分からないし、どうすればいいのかな…

 
さちかわ

チュールだけだと栄養バランスも心配ですし、悪いところがあるのか気になりますよね…!

老犬がチュールしか食べない場合、どんな理由が考えられるのでしょうか?

この記事では、老犬がチュールしか食べない理由と対処法を紹介します。

>関連記事「犬がご飯を食べないのにおやつは食べる理由と対処法|病気との見分け方は?

 

老犬がチュールしか食べない理由4つ

犬

老犬がチュールしか食べない理由は、大きく4つです。

老犬がチュールしか食べない理由

  1. お腹が空いていない
  2. ご飯が気に入らない
  3. チュールが1番美味しいから
  4. 柔らかくて食べるのが楽

 

①:お腹が空いていない

老犬になると運動量が落ちるので、空腹感が減ります。

そこまでお腹が空いていないのでご飯は食べたくないけど、軽くチュールくらいならOKというわけです。

チュールはペースト状で気軽に食べられますし、お腹に溜まりづらいので、食も進みやすいです。

 

②:ご飯が気に入らない

単純に、今のご飯が気に入らないケースもあります。

特に老犬用フードはヘルシーな栄養組成なので、味付けも淡泊になりやすいです。

若い頃から淡泊なフードも美味しく感じられますが、嗅覚が衰えた老犬では微妙に思えるのかも。

 
さちかわ
人と同じく、犬の味覚は加齢によって変化します。老犬の場合、日によって好みが変わることも多く、昨日は食べたのに今日は食べない…ということも多々あります。

 

③:チュールが1番美味しいから

チュールは犬の嗜好性ばつぐんで、とにかく美味しい!

せっかく食べるなら1番好きなチュールでお腹をいっぱいにしたい、という気持ちが、偏食につながっているのかも。

ご飯を食べなければチュールが出てくる、と犬自身が学習して、他の食べ物を食べないパターンもあります。

 

④:柔らかくて食べるのが楽

チュールはペースト状なので、歯や顎の力が弱っていても食べられます。

ウェットフードも食べやすいですが、具がないぶん、チュールのほうがより楽に食べられるでしょう。

飼い主さんが袋を持った状態で食べさせてくれれば、楽な姿勢で食べられるのもポイントです。

 

手であげたチュールしか食べない=甘えの可能性も

お皿に出したチュールは食べないけど、手で持ってあげると食べる場合は、飼い主さんへ甘えているのかも。

甘えん坊のわんこでは、飼い主さんに注目されている状況が嬉しくて、あえてお皿に載ったご飯を食べない子もいます。

ぐったりしている様子がなく、体調的にも問題なさそうであれば、甘え心から偏食になっている可能性があります。

 
さちかわ

ちなみに、犬も仮病を使います。病気や怪我をした時に優しくしてもらったことを覚えていて、甘えたい気持ちの時に体調不良のふりをします。

 

老犬がチュールしか食べない時の対処法3つ

犬

老犬がチュールしか食べない場合、もっとも気になるのは栄養バランスだと思います。

チュールはおやつなので、主食として与えるには不足している栄養素が多く、それだけ与えるのは良くありません。

愛犬がチュールしか食べない時は、以下の対処法を1つずつ試してみて、ご飯への興味をそそらせましょう。

チュールしか食べない犬への対処法

  1. 適度な運動で空腹を感じさせる
  2. ドライフードはふやかして与える
  3. ご飯の内容・種類を変えてみて

 

①:適度な運動で空腹を感じさせる

歳をとると、どうしても運動量が落ちるので、そのぶん食欲も減りがちです。

愛犬の空腹感を高めるため、いつもより散歩の時間を伸ばしたり、室内遊びを増やしたりして、適度に運動させましょう。

ドッグスポーツのように激しい運動は避けたほうがいいですが、適度な運動は心身の健康にも良いですよ!

 

老犬にはノーズワークがおすすめ!

老犬に空腹感を与えるには、ノーズワークが効率的です。

ノーズワークは頭と嗅覚をフルに使うゲームで、意外とたくさんのカロリーを消費します。

老犬をはじめ、体が不自由な犬や運動が苦手な犬も取り組みやすいので、ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

 

②:ドライフードはふやかして与える

ドライフードをお湯でふやかすと柔らかくなり、老犬でも食べやすいです。

香りも立つので食欲を刺激してくれますし、消化吸収もしやすくなって一石二鳥!

ドライフードが浸るくらいまでお湯を入れ、ラップをして10~15分程度放置すれば、ふやかしフードの完成です。

犬に与える前は必ず指を入れるなどして温度を確かめ、熱すぎないかチェックしましょう。

 

③:ご飯の内容・種類を変えてみて

ふやかしご飯やウェットフードでもダメなら、思い切って手作りご飯を試してみましょう。

手作りご飯といっても、総合栄養食並みのクオリティで作る必要はなく、完璧な栄養計算も必要ありません。

まずは愛犬が好みそうな果物や野菜、お肉を食べやすいように小さくカットして、柔らかくなるまで煮てあげましょう。

さつまいも、かぼちゃ、りんご、ひき肉などは甘味が出やすく、犬が好んで食べてくれますよ!

関連記事

  手作りご飯には野菜を入れたほうがいいって聞くけど、何を使えばいいのかな?   さちかわ 手作りご飯を初めて作る時は、野菜に関してだけでも色々と疑問が出てきますよね。   […]

野菜

 

市販の手作りフードという選択肢も

手作りご飯は時間がない、なんとなく不安…という方は、市販の手作りフードを活用してみてください。

市販の手作りフードは、豊かな風味とフレッシュな味わいがあり、食欲の落ちた老犬でも食べてくれやすいです。

主に冷凍タイプと常温タイプがあるので、ライフスタイルに合ったものを見つけられるといいですね。

おすすめの手作りドッグフードは「動物看護師おすすめ!手作りドッグフード比較ランキング」をどうぞ。

 

老犬がチュールしか食べない時まとめ

犬

歳をとると、若い頃のように何でも食べてくれなくなる犬は多いです。

チュールしか食べない状況は犬にとっても良くないですし、なにより飼い主さんも心配で悩んでしまうもの。

今回ご紹介した内容を参考に、愛犬の食欲をそそる工夫を色々と試してみてくださいね。

あなたとあなたの愛犬が、これから先も元気で幸せに暮らせますように。

 
さちかわ
この記事が参考になっていれば嬉しいです。
後悔しないドッグフード選びをしたい方へ

ヒューマングレード・高品質・コスパがいい商品などたくさんあるけれど、愛犬にピッタリのご飯は選べていますか?

愛犬に少しでも長く幸せに暮らしてほしいと思っているあなたのために、手作りドッグフードのおすすめランキングをまとめてみました!

最大30%オフ♪ ペトことフーズ
最大30%オフ♪ ペトことフーズ