犬にも乳酸菌を!効果とメリット、おすすめの食べ物・サプリは?

ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌は、犬の腸内環境を整える作用があります。

毎日の食事に乳酸菌を取り入れて、愛犬の健康をお腹の中からサポートしてあげましょう!

この記事では、犬に乳酸菌を与えるメリットと期待できる効果、おすすめサプリを紹介します。

 

乳酸菌ってどんなもの?

乳酸菌は、人間をはじめ、犬の体にとって良い作用がある「善玉菌」の一種。

ヨーグルトやチーズなど、主に発酵食品に含まれており、それらを食べることで体内に取り込まれます。

乳酸菌が腸内に増えると、悪玉菌と呼ばれる悪い菌の増殖が抑えられ、腸内が健康になります。

 

 
さちかわ
乳酸菌=腸の監視員です!

 

関連>>「はぴねす乳酸菌とは|特徴と魅力、配合しているドッグフードについて

 

乳酸菌の効果

乳酸菌には、大きく3つの作用があります。

乳酸菌の作用
  1.  お腹の調子を整える
  2.  免疫力をアップさせる
  3.  コレステロール低減

 

お腹の調子を整える

腸内で乳酸菌が増えると、そのぶん悪玉菌が増えづらくなります。

すると、うんちがスムーズに出るようになったり、くさいおならがでづらくなったりします。

これは悪玉菌の減少で腸内が酸性になり、腸の働きが活発になることで起こります。

悪玉菌が増えると腸の働きが鈍くなるので、便秘になりやすいのですね。

 

免疫力をアップさせる

健康的な腸内では雑菌が繁殖しにくいので、腸の免疫力に余裕ができます。

善玉菌が多ければ多いほど、免疫細胞が攻撃しなければならない雑菌が少ないというわけ。

免疫力に余裕がある腸=いざ雑菌が入ってきた時にすぐ対処できるので、相対的に免疫力が高くなります。

免疫力アップにつながる物質を生み出す乳酸菌では、ダイレクトに免疫力を高められます!

 

コレステロール低減

乳酸菌のなかには、悪玉コレステロールを下げるものもあります。

悪玉コレステロールとは、犬の体に存在する脂質のひとつですが、増えすぎには注意が必要。

動脈硬化が起こったり、心臓病や脳疾患などを誘発する恐れがあるといわれているので、乳酸菌で調整しましょう。

 

乳酸菌を犬に与えるメリット

乳酸菌には、腸内に余った窒素を吸収したり、タンパク質のゴミが出ないようにする作用もあります。

腸内に余った窒素は腎臓、タンパク質のゴミは肝臓に負担をかけるので、シニア期以降の老犬は特に注意が必要。

乳酸菌の摂取は各臓器への負担軽減につながるので、ぜひ日々の食事にも取り入れて欲しい物質といえます。

 

腸内の乳酸菌を増やす方法

 

そんなにいろんな効果があるなら、ちょっとあげてみようかな…

 
さちかわ

愛犬の腸内に乳酸菌を増やすには2つの方法があるので、覚えておいてくださいね。

 

腸内の乳酸菌を増やす方法

  1. 乳酸菌を含む食べ物を与える
  2.  乳酸菌の餌になる食べ物を与える

 

乳酸菌を含む食べ物を与える

乳酸菌を含む食べ物には、ヨーグルト、チーズ、納豆があります。

どれも犬の嗜好性が高い食べ物なので、まずは今日のご飯のトッピングとしてあげてみましょう。

ヨーグルトは無糖、チーズは塩分が少ないもの、納豆はタレ抜きであげてくださいね。

 

乳酸菌の餌になる食べ物を与える

食物繊維(含む食べ物:さつまいも、切り干し大根、かぼちゃ、ごぼう、ブロッコリー、納豆、ひじき)

オリゴ糖(含む食べ物:バナナ、大豆、ごぼう、アスパラガス)

 

犬に乳酸菌を含む食べ物を与える時の注意点

乳酸菌を含む食べ物を愛犬に与える場合、どのようなことに注意が必要でしょうか?

 

あげすぎない

犬が喜ぶからとあげすぎると、下痢や軟便などを起こすことがあります。

どんなに身体に良いものでも、食べ過ぎはかえって体調を崩すことがあるので、要注意。

中型犬・大型犬は茶碗に2分の1~1杯程度、小型犬ならスプーン1杯程度を目安に、様子をみながら与えましょう。

もしうんちが緩くなった場合は、もう少し量を減らしたうえ、軽く温めてからあげるといいですよ。

 

持病がある場合は獣医師に相談する

腎臓や肝臓に持病がある場合、進行具合によってはタンパク質の摂取制限が必要です。

乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズなどの乳製品は、比較的タンパク質が多い食べ物といえます。

持病がある愛犬にこれらを与えたい場合には、あらかじめ獣医師に与えても良いか相談しておきましょうね。

 

乳酸菌はサプリメントで摂るのもおすすめ

タンパク質の摂取を控えたい

ダイエット中なのでカロリーが気になる

ヨーグルトやチーズでは便秘改善までいかなかった

そんなわんちゃんには、サプリメントを使った乳酸菌摂取をおすすめします。

乳酸菌サプリにはほぼ味が付いていないので、デリケートな性格のわんちゃんも気にせず食べてくれやすい♪

乳酸菌そのものを摂取できることで、より効率的に乳酸菌の効果を取り入れることができますよ。

 

 
さちかわ

ここからは、犬におすすめの乳酸菌サプリを紹介します。

 

初回半額|毎日爽快 植物酵素&乳酸菌

美味しく食べれるチキン味が特徴の、タブレット型サプリです。

おやつ感覚であげられるから続けやすい。定期購入すれば買い忘れもなし!

初回は1ヶ月分お試し半額なので、乳酸菌サプリが初めての方にもおすすめです。

 

水に溶かせる|コスモスラクト

豆乳で培養した16種類の乳酸菌を抽出した、エキスサプリ。

液体タイプなので水やご飯に混ぜやすく、動物病院でも取り扱われています♪

 

チキン味で食べやすい|DHC 愛犬用おなか健康

チキンスープ&ポークエキス味のタブレット型サプリ。

タブレットは食べやすい大きさと固さで、ビール酵母も配合されています。

そのままでも食べてくれる・下痢が治まったという声が多いですよ。

 

計量スプーン付き|ペットの生きた乳酸菌

食欲をそそる香りとササミ味で食べやすく仕上げた、顆粒タイプのサプリです。

いつものごはんやミルクにサラサラとふりかけるだけだから、錠剤が苦手な愛犬にもあげやすい♪

計量スプーンも付いてます。

 

個包装タイプ|犬猫用乳酸菌 ザ・乳酸菌

ごはんにサッとふりかけられる粉末で、1g×10袋の個包装サプリ。

安くて少なめ、使い切りタイプなので、大型犬より小型犬・中型犬向きです。

 

犬と乳酸菌まとめ

乳酸菌は、犬の腸内で活発に働いてくれる大切な菌。

腸内環境を整えたり、免疫力を高めたり、犬の健康をサポートする効果がたくさんあります。

腸内の乳酸菌を増やしてくれる食べ物は色々あるので、ぜひ取り入れやすいものからあげてみて!

トッピング食に不安がある、カロリーが気になる場合は、犬用の乳酸菌サプリメントを活用してくださいね♪

 

後悔しないドッグフード選びをしたい方へ

ヒューマングレード・高品質・コスパがいい商品などたくさんあるけれど、愛犬にピッタリのご飯は選べていますか?

愛犬に少しでも長く幸せに暮らしてほしいと思っているあなたのために、手作りドッグフードのおすすめランキングをまとめてみました!

最大30%オフ♪ ペトことフーズ
最大30%オフ♪ ペトことフーズ