ペトことフーズは猫が食べても大丈夫?

とても優れたフードであるペトことフーズ。

ということは、猫が食べても大丈夫なのでしょうか?

現状、ペトことフーズには猫用のレシピがなく、すべて犬用として販売されています。

 

 
さちかわ
そこで今回は、猫はペトことフーズを食べて良いのか、猫が必要とする栄養素について解説しようと思います!
 
ペトことフーズの詳しい説明は、「ペトことフーズの口コミ・評判を独自リサーチ。お得なクーポンも紹介中」で紹介しています。
 

一時的なら猫がペトことフーズを食べても大丈夫

ペトコト

結論、猫がペトことフーズを食べてしまっても、偶然・少量であれば問題はありません。

ペトことフーズに使用されている原料のなかには、猫にとって有害なものは入っていないので、中毒性もなし。

目を離したすきに多少ペトことフーズを食べたくらいでは、特に変わらず過ごすことができます。

ただし、ペトことフーズには野菜や食物繊維が豊富に含まれています。

完全肉食である猫にとっては消化不良を起こすリスクがあるので、基本的には食べさせないように!

犬にとって良いフードだからといって安易に猫に与えないよう、家族全員注意しましょう。

 

他社のウェットフードには注意して

犬用のウェットフードのなかには、プロピレングリコールという成分が含まれているものがあります。

プロピレングリコールは主に保湿剤として使用される添加物ですが、猫が摂取した場合はひどい貧血を起こす可能性も…。

キャットフードへのプロピレングリコール使用は法律で禁止されているほど、猫にとって有害とされています。

※ペトことフーズやココグルメなどの手作りドッグフードには、プロピレングリコールは使われていません。

基本的に猫にはドッグフードを食べさせてはいけない

 
プロピレングリコールが含まれていなければ食べさせてもいいってこと?
 
さちかわ
いいえ、ドッグフードは猫にとって良い食事ではありません。
 

そもそもの話ですが、基本的に猫にドッグフードを食べさせるのは良くありません。

猫と犬は体の仕組みや習性、必要とする栄養素など様々な違いがあり、それぞれ適した食事があります。

ドッグフードは猫にとって栄養価が少なく、長期・日常的に与えると病気発症のリスクがあるといえるでしょう。

 

猫が日常的にドッグフードを食べるリスク

猫と犬とでは、必要な栄養素の種類・量が異なり、ドッグフードは栄養素が圧倒的に足りません。

キャットフードとドッグフードに配合されている栄養素には、以下のような特徴があります。

 

  キャットフード ドッグフード
タウリン 配合あり 配合なし
タンパク質 多い 普通
炭水化物 少ない 普通
ナイアシン 多い 少ない
ビタミンA 多い 少ない
ナトリウム 多い 少ない

 

 
あれ?ドッグフードにはタウリンが含まれてないんだね
 
さちかわ
そう。タウリンは猫が健康を維持するために欠かせない栄養素なのに…です。

 

タウリンとは、必須アミノ酸の一種である成分のこと。

人や犬はタウリンを体内で作りだせますが、猫は一切タウリンを作ることができません。

そのため、キャットフードには必ずタウリンが配合されていて、猫がタウリン不足にならないようにしています。

もし猫がタウリンを含まない食事をしていた場合、失明や心筋症を引き起こします。

放っておくと症状は悪化し、最終的には命に関わるほど、猫にとってタウリン不足は深刻です。

通常タウリンはドッグフードに含まれていないので、長期的に与えてはいけません。

 

タウリン不足の影響
  • 網膜萎縮症
  • 拡張型心筋症
  • 繁殖機能の低下
  • 流産・死産

タンパク質

完全肉食動物である猫は、犬の2~3倍もタンパク質が必要です。

ですが、ドッグフードでは十分なタンパク質を摂取できないので、十分なエネルギー源が確保できません。

子犬用のフードであれば多少タンパク質も多いものの、それでも猫にとっては足りないのです。

ナトリウム

ナトリウムの量も、猫は犬の2倍ほど必要とします。

長期的にナトリウムが不足すると、先進的に不安定になったり、飲水量が不足する結果に。

飲水量の不足は尿管結石など、泌尿器疾患の原因になる可能性があるので、絶対に避けなくてはいけません。

ビタミン

ビタミンの一種「ナイアシン」は、猫が体内で生成できない成分です。

猫が摂取すべきナイアシンの量は犬の約4倍もあるので、ドッグフードでは明らかに量が足りません。

ナイアシンの不足は皮膚炎のリスクを高めるので、適量を摂取する必要があります。

 
さちかわ
その他、ビタミンAも摂取させないといけません!

猫にペトことフーズを食べさせない方法

ペトことフーズの場合、猫にとって有害なものは含まれていません。

目を離したすきに食べてしまったくらいであれば大丈夫ですが、習慣化させるのはNG。

もし猫がペトことフーズを食べてしまったら、次回は食べさせないようにする工夫をしましょう。

 

猫と犬で食事の時間をずらす

食事はまず猫に与えてから、次に犬のご飯を用意します。

猫が満腹状態であれば、ペトことフーズを狙うことはないでしょう。

そのほか、猫が寝ている間や、おもちゃで遊んでいる隙を狙って食事を用意する方法もあります。

 

猫と犬で食事の場所を分ける

食事の場所を分けることで、猫に横から取られる心配もなくなりますよね。

部屋を分ける・バリケードを作る・どちらかはケージの中で食事させるなど、方法は様々。

食事の場所を分けておけば、犬の食べ残しを猫が狙うこともなくなりますよ。

 

猫にはペトことフーズを常食させないようにしよう

ペトことフーズはドッグフードなので、猫用ではありません。

猫にとって害なものは含まれていませんが、長期的に与えると栄養素の不足を引き起こします。

猫と犬では必要とする栄養素が違うので、ペトことフーズを主食にするのはNG。

 

愛犬にペトことフーズをあげる時は、猫に食べられない工夫をしましょう。

愛猫が健やかに暮らせるように、猫にはキャットフードを与えようにしてくださいね。

 

 

後悔しないドッグフード選びをしたい方へ

ヒューマングレード・高品質・コスパがいい商品などたくさんあるけれど、愛犬にピッタリのご飯は選べていますか?

愛犬に少しでも長く幸せに暮らしてほしいと思っているあなたのために、手作りドッグフードのおすすめランキングをまとめてみました!

最大30%オフ♪ ペトことフーズ
最大30%オフ♪ ペトことフーズ