ココグルメは腎臓に悪い?腎不全や腎臓病の犬に与えても大丈夫?

 
ココグルメは腎臓に負担のないドッグフードなのかな?
 
さちかわ

腎不全など、愛犬がすでに腎臓病を患っている場合は、特に心配ですよね。

 

そこで今回は、ココグルメと腎臓の関係や、腎臓ケアを行ううえで大切なポイントについて解説します!

 
 

腎臓病でもココグルメは食べられる?

勉強中の犬

結論。腎臓病の犬にココグルメをあげて良いかどうかは、療法食の有無によって変わります。

腎臓病は進行状況によって食事制限あり・なしが決まるので、まずは獣医師の指示をよく確認しておくことが大切です。

ここでは、療法食の指示がない場合・ある場合に分けて、ココグルメを与えてよいか解説していきます。

 

特に療法食の指示は受けていない→メインであげても大丈夫

療法食の指定がない場合は、メインの食事としてココグルメを与えても大丈夫です。

病状が初期の頃に自己判断で摂取制限をすると、かえって栄養バランスが崩れてしまうので、意識しすぎはNG。

食材や栄養価にこだわりのある手作りドッグフードを与えることで、愛犬の健康をサポートしましょう。

 

療法食を勧められている→ココグルメはトッピング程度に

獣医師から療法食の指定がある場合、ある程度まで病状が進んでいます。

腎臓の数値が悪くなっているので、タンパク質やリン、ナトリウムの摂取制限が必要といえるでしょう。

これらの栄養素はココグルメを始め、多くのドッグフードに適量含まれています。

ココグルメの栄養素は特別高いわけではありませんが、メインの食事には避けたほうが良いでしょう。

 

 
さちかわ
水分量を増やす目的や食いつきアップを狙って、トッピング程度に活用してください。

 

ココグルメのリンや塩分量については、2022年3月現在メーカーに問い合わせ中。回答があり次第、こちらの記事で解説しますね。

 

腎臓への負担が少なくなるよう配慮されたごはんもありますよー♪

\ 腎臓に負担が少ないドッグフード /

2021年10月に紹介した「キドニーレシピ」は、腎臓に配慮された手作りドッグフードです!

リン・ナトリウム・カリウムの含有量が低く調整されており、腎臓への負担を軽くしたい愛犬に最適。

個別記事で紹介しているので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね♪

>>キドニーレシピの口コミ・評判は?

>>キドニーレシピをレビュー!実際に試した分かったメリット・デメリット

キドニーレシピのリン・ナトリウム・カリウム量は公式で公開されているので、安心感があります。

詳しくは口コミ評判の記事で解説していますが、療法食並みに低い調整が魅力的です♪

 

ココグルメは腎臓に負担をかける?

ココグルメはもともとミネラルの配合量が少なく、腎臓への負担は少なめ

もちろん療法食ではないので、過度な期待はできませんが、高齢でもココグルメを食べている子はたくさんいます。

シニアになるとどうしても食べられるものが限られてくるので、ココグルメのような食いつきが良いご飯は便利ですね。

 

 
さちかわ
ココグルメでは、獣医師による食事の相談を行っているので、気になることは何でも相談できちゃいますよ♪

 

愛犬の腎臓ケアをするうえで大切なこと

さて、腎臓に負担をかけないためには、どのような点に注意してフードを選べば良いでしょうか?

愛犬の腎臓ケアをするうえで大切なことは色々ありますが、なかでも重要なポイントを3つまとめてみました。

 

愛犬の腎臓ケアで大切なこと

  • 適度なタンパク質
  • リンの含有量が控えめ
  • ナトリウムの含有量が控えめ

 

適度なタンパク質

タンパク質が多すぎると、老廃物をろ過するのに手間がかかります。

老廃物のろ過は腎臓の役目なので、腎臓の働きが活発にならざるを得ません。

特にシニア犬にはタンパク質の多いフードを避け、腎臓に負担がかからないようにしてくださいね。

 

 
さちかわ
特に、タンパク質の品質が高いドッグフードがベストです。

 

リンの含有量が控えめ

AFFCOの栄養基準では、成犬・老犬のリン摂取量は0.5~1.6%が目安です。

リンは骨や歯、細胞などを作るために必要な栄養素ですが、過剰な摂取は腎臓に負担をかけます。

腎不全の愛犬用にドッグフードを選ぶ時は、リンの含有量が控えめなものを選びましょう。

 

タンパク質量が多いほど、リンの含有量は高くなります。

 

ナトリウムの含有量が控えめ

AFFCOの栄養基準では、成犬・老犬のナトリウム摂取量は最低0.08%です。

最高値は定められていませんが、多くの腎臓病・療法食は0.08~1%以下に調整されています。

ナトリウムを過剰摂取すると、腎臓のろ過が追い付かず、高血圧を引き起こします。

腎臓病が進行している場合は、高ナトリウムのドッグフードは避け、腎臓への負担を減らしましょう。

 

ココグルメと腎臓病まとめ

ココグルメは療法食ではないので、腎臓病に良いというわけではありません。

ですが、手作りドッグフードの中ではミネラル分が少なく、比較的腎臓に優しいフードといえます。

そのため、特に獣医師から療法食の指示がない場合は、ココグルメを与えても大丈夫ですよ。

 

なお、ココグルメはタンパク質の質も良いので、内臓が弱った愛犬でも消化・吸収がしやすいでしょう。

ぜひ上手に活用して、愛犬の犬生をもっと豊かにしてあげてくださいね。

 

\ 今なら数量限定20%OFFキャンペーン中 /

> ココグルメの公式サイトはこちら <

 

 

 

後悔しないドッグフード選びをしたい方へ

ヒューマングレード・高品質・コスパがいい商品などたくさんあるけれど、愛犬にピッタリのご飯は選べていますか?

愛犬に少しでも長く幸せに暮らしてほしいと思っているあなたのために、手作りドッグフードのおすすめランキングをまとめてみました!

最大30%オフ♪ ペトことフーズ
最大30%オフ♪ ペトことフーズ